忍者ブログ
芸能、スポーツ、事件、事故、政治。毎日起こるニュースを紹介
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北京五輪女子マラソンにて史上初の連覇を狙い、
また、連覇が現実的だった野口みずき選手。


8月4日に合宿先のスイスから緊急帰国して、
もしやという不安を感じましたが、
残念ながら、その不安は現実のものとなりました。
まじで残念です。


野口みずき選手が所属するシスメックスが、
彼女の欠場を日本オリンピック協会へ伝えたそうです。


時間を8月10日まで遡ると、
スイスでの練習中に発生した右足付け根の痛みの為、
MRIで検査をしていましたが、検査直後は、
軽い練習も再開しており、何よりも野口選手本人が、

「最後まであきらめずに出たいと思っている」

と監督が記者会見にて述べていました。

担当医師も、快方に向かっているとしていましたし、

"万全ではない"けれども、
欠場とまではいかないと思っていたのですが、
今はただただ残念です。


しかし、私程度の残念よりも、
野口みずき選手本人の"残念"は想像以上でしょうね。

年齢も現時点で30歳ですから、
もしかしたら最後のオリンピックにして、
最初の連覇達成者だったかもしれなかったのに。


いや、4年後行けるさ。
そこで金メダルとって、8年後に連覇だ!



北京五輪女子マラソンで史上初の連覇を狙う
野口みずき(30)=シスメックス=が
欠場を決めたことが12日分かりました。


野口みずきが五輪欠場 女子マラソン・アテネ金メダリスト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080812-00000952-san-spo

 北京五輪女子マラソンで史上初の連覇を狙う野口みずき(30)=シスメックス=が欠場を決めたことが12日分かった。野口側は欠場の意思を日本オリンピック委員会(JOC)側に伝えた。

 10日に記者会見した藤田信之監督によると、野口はスイスで合宿中の7月25日午後の練習後に左足付け根部分に痛みを訴えた。

 局部注射などの処置を行ったが、痛みが取れないため予定より3日早い8月4日に帰国。5日と9日にMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受けた。

 入院はしておらず、医師の所見では快方に向かっており、野口もジョギングなどの練習をしている、としていた。

 野口は「最後まであきらめずに出たいと思っている」とのコメントを発表。藤田監督は「本人の出ようとする意思は変わりない。2、3日の間に判断する」と語っていた。

 アテネ五輪では2000年シドニー五輪の高橋尚子(ファイテン、当時積水化学)に続く日本勢2連覇を達成。翌年のベルリンでは2時間19分12秒の日本記録を樹立した。その後は故障でレースを欠場することがあったが、北京五輪代表選考会を兼ねた昨年の東京国際女子で圧勝し、北京での連続金メダルが期待されていた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
ブログ内検索
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。 取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。
オンライン麻雀
忍者ブログ [PR]