忍者ブログ
芸能、スポーツ、事件、事故、政治。毎日起こるニュースを紹介
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まるで日報のように新情報が更新される
大相撲の八百長疑惑問題。



八百長疑惑問題と言っておいてなんですが、
忘れてはいけないのは、
今回の訴訟の原告が大相撲側である事。

事実無根の八百長疑惑記事を掲載したとして
「週刊現代」に対し、損害賠償を求めています。

もちろん皆さん理解していると思いますが、
一応、念のためです。


さて、週刊現代の発行元「講談社」側の証人として、
元小結の板井圭介氏が登場しました。

板井氏は、「現役時代、北の湖と八百長をした」
と証言したそうです。

しかも、八百長を持ちかけたのは、
北の湖だったとの事。

前理事長にも飛び火した八百長疑惑ですが、
この板井氏、今回の八百長疑惑に対しては、

「毒をもって毒を制す」の立ち位置かもしれません。


なにせ、板井氏が現役時代だった頃、
彼の師匠である大鳴戸親方が、
弟子である板井氏と大相撲の八百長を
告発した過去があります。

板井氏が、八百長の仲介として
機能していたと主張したのです。

この時、板井氏は反論をしませんでしたが、
大鳴戸親方の死後、なんと自ら八百長を告発しました。

要約すると、八百長のど真ん中にいたと
師匠から告発され、自らもそれを認めた上で、
八百長を告発した人物です。


さて、今後の動向は一切予測できませんが、
果たして大相撲は汚名を返上し、
失墜した信頼を取り戻す事が出来るのでしょうか。

訴訟を起こした事で損をしているのは、
現時点では大相撲側ですよね・・・。



横綱時代の八百長疑惑を掲載した
「週刊現代」の記事をめぐり、
日本相撲協会の北の湖前理事長と協会が、
発行元の講談社などを相手取り計1億1000万円の
損害賠償などを求めた訴訟の口頭弁論が16日、
東京地裁(浜秀樹裁判長)で開かれました。


八百長疑惑訴訟、北の湖理事長「まったくの嘘」と全面否定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081016-00000559-san-soci

 横綱時代の八百長疑惑を掲載した「週刊現代」の記事をめぐり、日本相撲協会の北の湖前理事長と協会が、発行元の講談社などを相手取り計1億1000万円の損害賠償などを求めた訴訟の口頭弁論が16日、東京地裁(浜秀樹裁判長)で開かれ、北の湖前理事長は「まったくの嘘です」と述べ、八百長疑惑を全面否定した。

 この日午前、講談社側の証人として、元小結の板井圭介氏が証言に立ち、「現役時代、北の湖と八百長をした」と述べていた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
ブログ内検索
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。 取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。
オンライン麻雀
忍者ブログ [PR]