忍者ブログ
芸能、スポーツ、事件、事故、政治。毎日起こるニュースを紹介
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宮崎県の東国原英夫知事は、
メディアへの登場頻度が高いせいで、
"特別"に見えるだけなのかもしれませんが、



宮崎そのものや、全国的な宮崎県の立位置を
物凄く勉強していると感じます。

食べ物を扱ったバラエティ番組に出演すると、


「その食品の生産数第一位は○○県で、
宮崎県は○○位なんですよ~」

というトークを良く耳にしませんか?


優秀なブレーンがいるのかもしれないし、
メディアへの露出の少ない他県の知事も
同様の知識を持っているのかもしれませんが、

少なくとも東国原知事の見ているものが、
"真っ直ぐ"歪み無く宮崎県であることが分かります。

"真っ直ぐ"っていいなぁと思うんです。

あの案件もこの案件も、この国もあの国も
器用に体裁を保つ意見をするのも才能ですが、
彼のように、宮崎を語らせたら日本一と思わせる
特化した人間って強い魅力を感じます。


さて、その東国原知事は、
衆院選宮崎1区に出馬が取りざたされていましたが、
10月6日、不出馬の意向を表明しました。

それでいいと思う。

彼自身の言葉にあるように、

「1知事がどんなに頑張っても
日本のシステムを変えられない」

これも確かな事実。


いずれは中央に切り込んでいく気概を持っていてほしいし、
現段階のモチベーションを保ったままの東国原知事なら、
相当な切り口を残せると思います。

だからこそ、宮崎県を活性化させたという実績を
今以上に明確にしてから踏み込むべき。

今は知事の立場で"個人"を主張できますが、
中央に入っていけば、必ず"集団"に取り込まれます。

集団の中で個人を確立する為には、
やっぱり圧倒的な実績が必要なんですよね。


集団に勝てる東国原知事を見たいので、
今は我慢しておく判断は最良だと思います。

いずれくる機運を待ちつつ。



衆院選宮崎1区に出馬が取りざたされていた
東国原英夫知事は6日、記者団に対して

「解散しても、公示されても
『今のところありません』と言い続ける」

と不出馬の意向を表明したとの事。


<東国原知事>「今のところありません」衆院選不出馬の意向
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081006-00000037-mai-pol
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
ブログ内検索
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。 取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。
オンライン麻雀
忍者ブログ [PR]