忍者ブログ
芸能、スポーツ、事件、事故、政治。毎日起こるニュースを紹介
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北京五輪の開幕式で、歌唱祖国という歌を独唱した
美少女「林妙可」ちゃんを素直に可愛いと思っていた矢先、
実は歌は口パクで、別の子が歌っていることがわかりました。

この演出に関しては、開会式の音楽総監督が、

「国家の利益のため対外的なイメージに配慮したもの」

といっていますが、つまり本当に歌っていた子の容姿に
問題があったとの解釈で構わないのでしょうか?


この件に関して各国メディアから批判を受けていますが、
やっぱりこの辺の感覚は中国ならではのものだなと思ったのは、
林妙可の人気が、中国国内で急上昇しているという事。

最新の映画出演料が、
3分間60万元(900万円)にもなっているとか。

虚偽と演出は紙一重ですが、
こういう口パク騒動を経由しても、
当事者に人気が出てしまうお国柄は不思議ですね。

中国国内での口パクへの論調も、
「やむをえない演出」が大半だそうで、
日本を含めた他国は首を傾げるばかり。

人間の素のままの能力を競い合うオリンピックの舞台、
しかもその開幕式で、ある意味ドーピング的行為をすることを
もしも、日本で起きたのなら、
国民総出で批判されると思うのですがね。

う~ん、不思議。



北京オリンピック開会式の「微笑の天使」から
口パク騒動に発展している林妙可ちゃん。

現在、中国で人気急上昇中で、
出演料もうなぎのぼりだとの事。

最新の映画出演料が、3分間60万元(約900万円)、
分単位当たり20万元(約300万円)という
高額になっていることが明らかになりました。


林妙可ちゃん:口パクでも人気、ギャラは1分300万円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080813-00000067-scn-cn

北京オリンピック開会式の「微笑の天使」から口パク騒動に発展している林妙可ちゃん。現在、中国で人気急上昇中で、出演料もうなぎのぼりだ。最新の映画出演料が、3分間60万元(約900万円)、分単位当たり20万元(約300万円)という高額になっていることが明らかになった。

 地方ウェブメディアの四川在線(四川オンライン)の報道によれば、有名若手作家の張一一氏は、自作の小説『努力』の映画化において、林妙可ちゃんは3分間出演で、ギャラは60万元だと語った。別の報道では、張氏のコメントとして、「これはお友達価格。今後彼女のギャラはもっと上がるだろう」とも。

 北京五輪の開会式における口パクに関して、中国現地では今のところ同情する声が多く、「やむをえない演出」との論調が主流。林妙可ちゃん人気に衰えはみえない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
ブログ内検索
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。 取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。
オンライン麻雀
忍者ブログ [PR]