忍者ブログ
芸能、スポーツ、事件、事故、政治。毎日起こるニュースを紹介
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

慢性的に悪化の一途を辿る
医療現場の人員不足。

今でも、看護師という職業は、
多くの学生が子供の頃から憧れている
人気の職業のひとつでしょうが、

その絶対数は確実に減少しているらしく、
現在現役で働いている看護師さん達の
負担が過大しているそうです。


東京都済生会中央病院で昨年5月に、
意識不明となって死亡した女性看護師について、
過労死と判断され労災認定された事が分かりました。

この女性看護師は、病院の人員不足の状況化で、
死亡する直前の昨年4月~5月の間に
25時間拘束の宿直勤務を8回こなし、
加えて土日も働くこともあって、
月の残業は約100時間だったそうです。


人の命を助ける現場で、人の命に関わる人が、
その誇らしい仕事をこなしたからこその過労死。

やりきれないですね。

労災認定は当然の対応だと思いますが、
ご本人が亡くなっている以上、
問題の根底から救われる話ではありません。


お金の為、家族の為、自分自身の為、
色んな意味で自分が潤う為に人は働くわけですから、
仕事をしたからこそ人が死んだ事実は、
本来なら起きてしまう事自体、異常な状況です。

亡くなった女性看護師さんに対して、
同情する事が適当であるかどうか分かりませんが、
とても可哀相に思えます。

この問題に対して答えを持っていない自分が嫌だな。



東京都済生会中央病院(東京都港区)で昨年5月、
宿直明けに意識不明になり、
死亡した看護師高橋愛依さん=当時(24)=について、
三田労働基準監督署(同区)が過労死として
労災認定していたことが17日、分かったとの事。


24歳看護師の過労死認定=人員不足、宿直明けに倒れる
-残業月百時間・労基署
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081017-00000086-jij-soci

 東京都済生会中央病院(東京都港区)で昨年5月、宿直明けに意識不明になり、死亡した看護師高橋愛依さん=当時(24)=について、三田労働基準監督署(同区)が過労死として労災認定していたことが17日、分かった。認定は9日付。

 代理人の川人博弁護士によると、高橋さんは2006年4月から同病院に勤務。昨年5月28日午前7時半ごろ、手術室の中でストレッチャーに突っ伏しているのを同僚が発見。同日夕、死亡した。持病はなく、死因は致死性不整脈とみられるという。

 高橋さんが働く手術室はもともと26人態勢だが、昨年3月末には18人になった。新人が補充されたが人員不足の状態は続き、高橋さんは4月から5月にかけ、25時間拘束の宿直勤務を8回こなしたほか、土日に働くこともあり、残業は月約100時間だった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
ブログ内検索
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。 取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。
オンライン麻雀
忍者ブログ [PR]